インフルエンザと日々の生活

インフルエンザとはウイルス症状のため、かかる人とかからない人がいる。その仕組みを知ることでインフルエンザに立ち向かうことができるのである。

インフルエンザをうつさないために

投稿日 2014年8月29日 3:12 PM | 投稿者 PCR

インフルエンザはひとたびある地域で流行が始まるとどんどん広がっていきますが、このような流行の広がりを抑えるためには、個人個人で予防行動をすることもさることながら、住んでいる地域の人みなで協力して対策を行うことも大事になってきます。

 

インフルエンザが感染を広げる最も大きな要因は、罹患者がせきやくしゃみなどの飛沫によってウイルスを周囲に飛散させることにあります。

 

つまり、ウイルスを飛散させる機会を減らしてやり、かつ、飛散したウイルスを体内に取り込む程度を減らしてやることができれば、自ずと感染は拡大しにくくなっていきます。

 

ちなみに、このようにしてせきやくしゃみなどからの飛沫で感染を拡大するのはインフルエンザに限ったことではありません。わりあい多くの種類のウイルスがこの飛沫感染によって感染します。

 

つまり、インフルエンザに限らず、飛沫感染を起こさせないような行動を一人一人が取ることが大事になってくるのです。

 

よく「せきのエチケット」と言いますが、せきが出るなと思ったらマスクをするようにするだけで、病原体が含まれた飛沫が飛び散るのをかなりの割合で抑えることができます。

 

最近ではウイルスを通しにくいような素材で作られた予防効果があるマスクが市販されていますが、何もこういったマスクでないといけないというわけではありません。もっと安い値段で売られている不織布製のマスクでも十分効果は見込めます。

 

なお、せきやくしゃみ、鼻水などでマスクが汚れた場合は、ウイルスを含んだ飛沫がたくさん飛び散っていますので、なるべく早く清潔なマスクに交換するようにしましょう。

 

さて、マスクにも正しい使い方というのがあります。この正しい使い方を守らずにマスクをつけても、インフルエンザのような感染症に対する予防効果は見込めません。

 

マスクの使い方についてはマスクごとに少しずつ違っていますので、商品の使用上の注意をよく読んで使うようにして下さい。基本的には、口と鼻がきちんとカバーされるようにつけるようにします。

 

マスクによってインフルエンザなどの感染症を予防したい場合、外気を直接取り込まないようにすることが大事ですから、ワイヤーなどで形を調整できるようなマスクの場合にはそういったものもきちんと使い、顔に密着させて使うようにして下さい。

 

マスクをつけるとどうしても息苦しいためか、時折口だけをカバーして鼻をマスクの外に出して掛けている方を見かけます。このかけ方では冷たい空気やウイルスの混じった飛沫を鼻から直接吸い込んでしまうのでマスクをかけている意味がなくなってしまいます。マスクはきちんと鼻も覆うようにかけるようにして下さい。

カテゴリー インフルエンザと生活 | コメントは受け付けていません。

運動でインフルエンザを寄せ付けない体作りを

投稿日 2014年8月29日 3:11 PM | 投稿者 PCR

インフルエンザにかからないようにするためには健康的な生活習慣を身につけることが大事ですが、毎日運動をするというのも大切な要素となってきます。

 

きちんとした食生活を送り、生活サイクルを規則正しくするということとあわせてぜひ実行したいものです。

 

毎日適切な運動をすることで、生活習慣病などの疾病を避けることができるほか、新陳代謝を促してホルモン分泌の状態をよくし、健康を保つことができます。

 

生活習慣病はそれそのものも怖い疾病ですし、さまざまな病気を引き起こすもとにもなってしまいますが、体が持っている抵抗力そのものが下がってしまうのが問題となります。抵抗力が下がってしまえば、インフルエンザをはじめとする各種感染症にも罹患しやすくなってしまうからです。

 

これに対して、適度な運動を行って新陳代謝が活発になると、内臓のコンディションがよくなって老廃物が体外に排出されやすくなり、不要な脂肪も落ちていきます。その結果からだが持っている抵抗力が上がり、インフルエンザをはじめとする各種感染症に罹患しにくい体になっていくわけです。

 

それではインフルエンザにかからないようにどれぐらいの運動をすればいいのかですが、何も気負って激しい運動をする必要性はありません。日々の生活にすぐに取り入れられる程度のもので十分効果があります。

 

激しい運動をするよりも、毎日少しずつでも運動する習慣をつける方が抵抗力をつけるには適しています。この点、一番生活に取り入れやすい運動はウォーキングなどの軽くて簡単な運動でしょう。

 

ウォーキングと言ってもそんなに気負うことはありません。1日に何万歩も歩く必要など無いのです。通勤の際に階段を使う、毎日少しでもいいので散歩をする、などといったちょっとした工夫で行うことができます。

 

時間が無いけれども運動の効果を上げたい、というようなときは歩き方や歩く場所を工夫してみましょう。歩幅を広くしたり坂道を歩くなどすれば、運動量は増加します。

 

よく運動には有酸素運動と無酸素運動の区別があると言われます。理想的にはこの2種類の運動を組み合わせて行うと感染症に強い抵抗力のある体を作ることができます。

カテゴリー インフルエンザと生活 | コメントは受け付けていません。

健康な生活でインフルエンザに打ち勝つ

投稿日 2014年8月29日 3:11 PM | 投稿者 PCR

インフルエンザにかからないようにするには、健康的な生活習慣を身につけて健康な体をキープすることが大切です。

 

健康的な生活習慣を身につけるには、いわゆる不摂生と言われるような生活をしないことに尽きます。そうした不摂生を続けていると、疲労が蓄積して抵抗力が落ち、インフルエンザをはじめとするさまざまな病気にかかりやすくなってしまうからです。

 

健康的に毎日を送るために、まず起床と就寝の時間を毎日同じぐらいの時間に保つことが重要になります。睡眠は体の疲労を取る上でも抵抗力を取り戻す上でも非常に大事だからです。理想的には、毎日7時間から8時間の睡眠を取るようにしたいものです。

 

睡眠を取るに当たっては、単に睡眠時間を確保すればいいというものではありません。睡眠の質というものも大事になってきます。

 

人間の睡眠は大きく2種類に分けることができます。いわゆるレム睡眠とノンレム睡眠です。人間は眠っているときのこのレム睡眠とノンレム睡眠を代わる代わる繰り返しているのです。

 

レム睡眠は眠りが浅く、どちらかというと体が休んでいる状態です。体は休息を取っているのですが、脳は活動を続けていて記憶の整理などを行っています。

 

夢はこのレム睡眠中に見ると言われています。また、レム睡眠中には眼球運動があったりして、脳は完全に休んでいません。一方ノンレム睡眠は眠りが深く、生命活動を維持するための部分をのぞいて脳も休息を取っている状態です。

 

質のよい睡眠を取るためには、入眠後最初の3時間に現れる深いノンレム睡眠がしっかり取れているかが重要になってきます。この時間帯の深いノンレム睡眠がよく取れないと、しっかり寝たはずなのに疲れが取れないというような感じがしてしまうのです。

 

睡眠の質を上げるにはさまざまな方法があります。たとえばストレスをきちんと解消しておくこと、たとえば寝る前に脳に過度な刺激を与えないようにすること、たとえば寝る前にカフェインなどを摂取しないようにすること、などです。

 

このほかにも、食生活の方も栄養バランスを考えた食事を規則正しく摂るなど、インフルエンザにかからないようにするために健康的な生活習慣を身につけるようにしたいものです。

カテゴリー インフルエンザと生活 | コメントは受け付けていません。

日々の食生活からインフルエンザ予防

投稿日 2014年8月29日 3:10 PM | 投稿者 PCR

インフルエンザにかからないようにするには健康的な生活習慣を身につけることが大事です。そしてその基本はやはり日々の食生活ということになります。

 

栄養面できちんとした食事を摂っていれば、健康的で抵抗力のある体をつくることができます。インフルエンザも病気ですから、抵抗力が体にしっかり備わっていればやはりかかりにくくなるものです。

 

インフルエンザにかかりにくくなるために、食事については一日に三食、バランスを考えてきちんと摂るようにしましょう。

 

インフルエンザにかかりにくくなるため、そして健康的な体をキープするためには、糖質、タンパク質、脂質の他に、ビタミン、ミネラル、食物繊維といった栄養素が必要となってきます。

 

これらの栄養素は体の中でそれぞれ大事な役割を持っていて、いずれも欠かすことのできないものとなっています。そしてこうした栄養素はさまざまな食品に入っていますので、そういった食品を幅広く摂取していくことが大切になってきます。

 

糖質、タンパク質、脂質の3つは、体を動かすためのエネルギーとなる栄養素です。またこのうちタンパク質は体を作るための主要な材料ともなっています。

 

ビタミンとミネラルの2つは、体全体の調子を整えてくれる栄養素です。この2つは病気に対する抵抗力を体につけてくれるという重要なもので、欠乏するとインフルエンザにもかかりやすくなってきます。

 

最後に食物繊維ですが、腸の中の環境を整えるという大事な役割を担っています。人間の腸の中にはさまざまな菌が生息していて、その活動やバランスは体全体のコンディションに影響するからです。

 

腸の環境が整っていると体の抵抗力も上がります。インフルエンザにかからないようにするには体に抵抗力があることが非常に大事なので、この栄養素も重要な栄養素だといえます。

 

このように、健康的な体や抵抗力のある体をつくるにはやはり毎日の食事というものが大事になってきます。こういった栄養素を過不足なく摂取して、健康でインフルエンザに強い体を作っていきましょう。

カテゴリー インフルエンザと生活 | コメントは受け付けていません。